文字サイズ小 中 大
トップ > 地域福祉活動 > 校区・地区社会福祉協議会

校区・地区社会福祉協議会

うべっぽイラスト

校区・地区社会福祉協議会とは

住民が主体となり、概ね小学校区の範囲で組織された任意団体です。

昭和35年に藤山校区社会福祉協議会の結成をはじめ、現在、市内に21校区社会福祉協議会1地区社会福祉協議会が組織されています。

校区・地区社会福祉協議会では、住民主体の理念の基、「誰もが安心して暮らすことのできる地域」を創ることを目的に地域の福祉課題の解決や福祉のまちづくりの実現のために、地域内の福祉活動を推進しています。

どんな団体・組織が参加しているか

校区・地区社会福祉協議会は次のような団体等の中から地域の実情に応じて組織されています。

自治会、民生児童委員協議会、福祉委員、コミュニティ、老人クラブ、体育振興会、子ども会、女性の会等

校区・地区社会福祉協議会の活動

校区・地区社会福祉協議会では、自治会の役員、民生委員、福祉委員、その他の近隣の方々を中心に参加団体の協力・連携のもと、地域の誰もが安心して暮らせるように、地域の実情に応じながら以下のような活動を行っています。

校区・地区社会福祉協議会は、このように、福祉課題やニーズを抱えている方への支援や、地域の福祉課題の解決へ向けた地域住民の助け合い推進、住民への協力の呼びかけ、啓発活動、関係機関等の連絡調整などが、主な活動になります。

◆活動紹介例については、下部の「鵜の島校区社会福祉協議会 活動紹介パネル」をご覧ください。

◆各校区・地区社会福祉協議会の連絡先については、下部の「各校区・地区社会福祉協議会 連絡先一覧」をご覧ください。

PDF

PDF 鵜の島校区社会福祉協議会 活動紹介パネル(331.7 KB)

PDF 各校区・地区社会福祉協議会 連絡先一覧(51.9 KB)

お問い合わせ

地域福祉課 地域支援係
TEL:0836-33-3134 FAX:0836-22-4391