文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 宇部市職員手話講習会が開催されました!

お知らせ

宇部市職員手話講習会が開催されました!

お知らせ

画像

10月16日(火)から11月13日(火)までの5日間、宇部市総合福祉会館において宇部市主催の宇部市職員手話講習会が開催され、コミュニケーション支援室員が講師を担当しました。

内容は、聴覚障がいの疑似体験、基礎的基本的な手話表現の学習、聴覚障がい講師による講話、聴覚障がい者への模擬個別相談対応、日常業務で活かせる手話表現の学習などです。
初回では聴覚障がい者との意思の疎通に苦戦していた参加者の方々でしたが、5回目の最終回では学習した手話を駆使し、身振りや表情、筆談をなど様々なコミュニケーション方法を使って聴覚障がい者と意思を通じ合わせていました。

宇部市職員手話講習会の開催も15年以上となり、初回から宇部市社会福祉協議会が講師を担当させていただいています。
こうした経年的な講習会を経て、手話を言語とする宇部市の聴覚障がい者の方々からは「市役所の職員の対応がやさしくなった」とうれしい声が聞かれるようになり、講師を担当してきた者としては大変喜ばしい限りであり、この手話講習会が着実な成果を上げているものと思います。
聴覚障がいは、外見からはとてもわかりにくい障がいです。障がいの特性を理解していただくことで、きっとよりよい市民対応につながるのではないかと信じています。

今後も宇部市役所等において、耳が不自由な来庁者と職員の方々のコミュニケーションが円滑になってくれることを期待しています。

うべっぽ