文字サイズ小 中 大
トップ > 会長の部屋 > 医師会手話講習会

会長の部屋

活動日記

2018年10月31日

医師会手話講習会

10月31日、宇部市医師会の会員向けの手話講習会を開催することができました。今回が2回目で、初回が今年2月。当時の矢野会長さんのご協力の下、講習会を開催できたことにより、その後、薬剤師会や歯科医師会でも同様の講習会を開くことができました。

今年度は医師会の会長さんが黒川先生に変わられましたが、同様に前向きに取り組みを進めていただけましたこと、この場を借りて改めて御礼申し上げたいと思います。

医療機関は、必ずお世話にならなくてはなりません。聴覚障害者にとってもしかり。ですが、聴こえないが故の不安感があるようです。聴覚障害って何?を知っていただき、ちょっとした簡単な手話を使っていただくことで、彼らの安心感を図ることができます。今後も継続的な学びの場を続けられるように、私たちが工夫してゆくことが大事だと思っています。

情報障害で困り感のある人たちにしっかりと寄り添い、適切な支援をするのが、本会のコミュニケーション支援室です。聴覚障害に限らず、視覚障害、知的障害、発達障害、精神障害、等々でコミュニケーションに支援が必要な方は、お気軽に支援室を訪ねてください。宇部市多世代ふれあいセンター2階にあります。

有田 信二郎