文字サイズ小 中 大
トップ > 会長の部屋 > 障害者就労支援事業所の開設

会長の部屋

活動日記

2018年12月04日

障害者就労支援事業所の開設

12月3日、宇部市内に新たに開設された障害者就労支援事業所の開所式に参列しました。この事業所は、全国的にも有名な市内の某事業所の就労移行支援部門が独立した形で開設されたもので、新たなるブランドの形成が進んでゆくものと期待しているところです。

中央官庁での障害者雇用率の水増し問題に端を発し、山口県内でも問題のある自治体が明るみに出ました。ただ、障害者雇用に長年携わってきた私にとって、これほど障害のある人たちの働くということに注目が集まっている状況は、ある意味でありがたいことだとも感じています。障害があろうと誰もが自分らしく働き・暮らす、当たり前のことに衆目が集まり、その動きに風が吹いている状況下だからこそ、新たなる移行支援事業所の開設に大きな期待を寄せています。

共生社会が声高に叫ばれている昨今、障害の有無にかかわらず、誰もがその人らしく活躍できることは必須要件だと思っています。この事業所の開設が共生社会実現への一助を担い、より良い宇部市へと繋がって行く、そんな未来を夢見ています。

有田 信二郎