文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 宇部市社協 2021年重大ニュース!

宇部市社協 2021年重大ニュース!

2022/01/04

お知らせ

2021年の1年間を振り返ってみました。昨年はコロナ禍の影響が続く一年でしたが、「誰もが自分らしく暮らせる地域づくり」を目指し、地域の皆様や関係機関の方々と共に地域福祉の向上に取り組んでまいりました。
本年も役職員一同引き続き、より良い地域社会を目指して努力してまいりますのでよろしくお願いします。

1年の振り返り

テレワークの再試行

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、本会職員の一部が在宅勤務を行いました。
災害ボランティアセンター研修の実施 コロナ禍における災害ボランティアセンター立上げの注意点などを学習しました。
コロナ禍における地域福祉活動の推進 新型コロナウイルス感染症の正しい知識とコロナ禍でも実施できる地域福祉活動を紹介する市民フォーラムを開催しました。当日は、Zoomによる配信も行い、新たな取り組みにもチャレンジしました。
詳しくは「お知らせ記事」をご覧ください。
ボランティアセンター通信「うべぼら」の発行 宇部ボランティアセンターの活動内容やお知らせ等を配信する「うべぼら」を発行しました。
詳しくは「ボランティア通信」をご覧ください。
第2次宇部市地域ふくしプラン策定 プランの基本理念「地域のみんなで支え合う心かよう元気な福祉のまちづくり」の実現に向けて取り組んでいます。
詳しくは「地域ふくしプラン」をご覧ください。
学童保育事業の受託を13校区から12校区へ 2021年3月末をもって、恩田学童保育クラブの受託運営を撤退しました。今後も引き続き、子育て世代のご家庭が、安心して子育てや就労が出来るように、関係各所と連携して事業運営を進めてまいります。
ファミリー・サポート・センター事業の撤退 2021年3月末をもって、宇部ファミリー・サポート・センターの受託運営を撤退しました。長い間、本事業の運営に多くの皆様の御協力をいただきありがとうございました。
マスクの着用に伴う、手話通訳業務での弊害 マスクを着用することで、読唇ができなくなり、聴覚障がい者の方々は困惑する状況が続いています。手話通訳においても口話が伝えられず通訳困難となり、コロナ禍における新たな課題が発生しました。
手話奉仕員養成講座の開講 2020年中止となった手話奉仕員養成講座を感染予防対策を徹底したうえで、開講することができました。受講生全員が無事に修了し、市内で手話奉仕員として活躍してくれることを期待しています。
詳しくは「お知らせ記事」をご覧ください。
情報端末操作支援者養成講習会の開催 情報端末機器の操作支援を行うボランティアの養成を行いました。11月には、講習会を修了された有志の方々がボランティア団体を設立されました。
詳しくは「お知らせ記事」をご覧ください。
宇部市生活困窮者自立支援事業の再受託 2021年7月より、引き続き「生活相談サポートセンターうべ」の受託実施をしています。生活に困窮され、様々な不安や悩みを抱えている方々への支援を行っています。
詳しくは「生活相談サポートセンターうべ」をご覧ください。
押印事務の見直し 市民の皆様の負担軽減、利便性の向上を目的に38件の押印書類の見直しを行いました。
宇部市共同募金委員会によるオリジナル啓発グッズの製作 市内企業とのコラボレーションによる宇部市共同募金委員会のオリジナルグッズ(クッキー、ストラップ)を製作しました。
詳しくは「お知らせ記事」をご覧ください。
改革方針の策定 本会の財政運営の安定、事業・組織体制の見直しを計画的に進める中期的な方針として、目指す姿やその具体的な方策を定めました。
地域支援者との情報共有会議に参画 地域包括ケアシステムの構築を目指し、今後も地域活動を支援する関係者(地域包括支援センター、地域・保健福祉支援チーム等)との協力体制を強めてまいります。
ボランティアのためのオンライン講座を開催 新しい生活様式を踏まえた活動ができるように、Zoomの活用方法を学ぶ講座を開催し、延べ30名の方が参加されました。
詳しくは「お知らせ記事」をご覧ください。
市内11箇所目の有償助け合い活動がスタート 「有償助け合い活動」とはゴミ出しや掃除などちょっとした困りごとを「お互いさま」の気持ちで近隣住民が支援する活動です。このたび新川地区で新たにスタートしました。
認知症SOS模擬訓練、船木地区で初実施 地域住民だけでなく、市内企業や警察などとも協力して実施されました。こうした地域の見守りの輪が広がる取り組みを本会では推進しています。
新型コロナウイルス感染症対策緊急小口資金等の特例貸付受付期間の延長 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少し生活が困窮する方々への生活福祉資金の特例貸付が令和4年3月末まで延長しています。
詳しくは「山口県社会福祉協議会」(外部リンク)をご覧ください。
遠隔手話通訳の開始 ICT機器の活用により、コロナ禍や災害時等においても聴覚障がい者が安心して相談等ができる体制整備を行いました。
うべっぽくん着ぐるみ完成

うべっぽくんの着ぐるみが完成しました。今後、様々な事業や行事の場面で市民の皆様とお会いできることを楽しみにしています。
詳しくは「うべっぽの部屋」をご覧ください。

ご近所ふれあいサロンが新たに6箇所開設 誰もが身近な地域で気軽に集い交流できる「集いの場」が新たに6箇所開設されました。
詳しくは「ご近所ふれあいサロン一覧」をご覧ください。

お問い合わせ

総務課 総務係
TEL:0836-33-3131 FAX:0836-22-4393