文字サイズ小 中 大
facebook Line
トップ > お知らせ > 宇部市立黒石小学校4学年PTAの「親子ふれあい活動」で手話体験の講師を担当しました!

宇部市立黒石小学校4学年PTAの「親子ふれあい活動」で手話体験の講師を担当しました!

お知らせ

画像

12月5日(木)、宇部市立黒石小学校において4学年PTAの「親子ふれあい活動」が行なわれ、コミュニケーション支援室員が手話体験の講師を担当しました。

この行事は、同校4年生のPTAが「親子ふれあい活動」の一環として様々な福祉体験を行なうことを目的に開催したもので、児童と保護者を合わせて約260人が体験学習を行ないました。
内容は、車いす体験、高齢者擬似体験、視覚障がい者体験、手話体験の4種類で、児童と保護者がクラス単位で順番に、4ヵ所の体験コーナーを回りました。

手話体験では、手話の表し方の説明のほか、基本的なあいさつの手話表現や、指文字の表出体験なども行ない、最後には「私は、宇部市立黒石小学校の4年生です。よろしくお願いします」といった難易度の高い手話表現にもチャレンジし、子どもたちは元気よく手話を表現していました。

市内に暮らす聴覚障がい者には、「手話ができる市民が増えて欲しい」といった願いがあります。
また、宇部市は平成29年に「障害のある人へのコミュニケーション支援条例」施行し、本年10月には山口県で「山口県手話言語条例」が公布され、手話によるコミュニケーションの重要性は、ますます高まっています。

こうしたPTAの活動をきっかけに、児童や保護者のみなさんが手話に親しんでいただいて、手話が市内に広く浸透していってくれることを心から願っています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ