文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 宇部市文化会館でバリアフリー点検が行なわれました!

お知らせ

宇部市文化会館でバリアフリー点検が行なわれました!

お知らせ

画像

7月16日(火)、宇部市文化会館において宇部市障害者ケア協議会障害者スポーツ部会(西村信正部会長)によるバリアフリー点検が行なわれ、コミュニケーション支援室員も参加しました。

宇部市障害者ケア協議会の障害者スポーツ部会は、障がいのある人がスポーツをしたいときに、市内にはどのような障害者スポーツの活動があり、どこへ行けば参加ができるのかや、そうした情報を障がい者がいつでも入手できる体制づくりのために活動をしている部会で、併せて市内スポーツ施設のバリアフリー点検や、障がいのある選手が滞在しやすいように宿泊施設のバリアフリー点検なども行なっています。

この日は、特に行政から依頼を受けて、番外編として文化施設である宇部市文化会館のバリアフリー点検を行ないました。

宇部市文化会館は、宇部市における文化活動の拠点として昭和54年11月に開館した村野藤吾の建築作品で、地上3階(一部4階)の施設内にはいくつもの展示室や研修室、大ホールなどがある大きな文化施設です。

バリアフリー点検は、1階入口に集合した部会員が会館担当者の説明を受けながら、エントランスや通路、トイレや階段、エレベーターなどをはじめ、各階のすべての部屋・ホールを回って行なわれました。

この点検結果は次回の部会で確認や協議が行なわれ、必要に応じて改善要望書として施設に提出されます。

こうした活動によって宇部市内の様々な施設でバリアフリーが進み、誰もが使いやすいものになってくれることを願っています。

うべっぽ