文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > コミュニケーション支援室で「障害特性を知る学習会」を開催しました!

お知らせ

コミュニケーション支援室で「障害特性を知る学習会」を開催しました!

お知らせ

画像

7月9日(火)に、コミュニケーション支援室で「障害特性を知る学習会」を開催しました。

この学習会は、去る平成31年1月22日(火)と同30日(水)の両日に、本会「コミュニケーション支援室に期待される役割」をテーマにして障がい当事者団体や障がい支援者団体と意見交換を行なった結果、障がい当事者が、お互いの障がい特性を知る機会を設けて欲しいとの希望に基づき当室が企画・開催しているものです。

参加者は、宇部市聴覚障害者福祉協会、宇部市視覚障害者福祉協会、山口喉友会、宇部手話会、宇部市登録手話通訳者連絡会、点訳すずかけの会、失語症者交流グループしゃべる、在宅障害児者と家族を支援する会の9団体36人で、2回目となる今回はNPO法人おひさま生活塾の水田和江氏を講師に迎え、「自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群,広汎性発達障害)」について学習し、障がい特性の理解を深めました。

講義後の質疑応答では、一般包括的な質問に加え、発達障がい者への接し方やコミュニケーションの取り方、発達障がい児に関する質問などが相次ぎ、水田講師にはていねいにお答えいただきました。

次回以降はテーマを変えて、視覚障がいや音声言語障がい、失語症などの「障害特性を知る学習会」を開催する予定です。

こうした学習の機会によって、障がい当事者間が様々な障がい特性を学び合い、お互いを理解し合って尊重を深め、双方のコミュニケーションが活発になっていくことを期待しています。

お問い合わせ

コミュニケーション室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ