文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 手話奉仕員養成講座の講義「ボランティア活動」を行ないました!

お知らせ

手話奉仕員養成講座の講義「ボランティア活動」を行ないました!

お知らせ

画像

8月22日(木)の手話奉仕員養成講座で「ボランティア活動」の講義を行ない、コミュニケーション支援室員が講師を担当しました。

厚生労働省が定める手話奉仕員養成講座のカリキュラムでは、手話の実技だけでなく講義の受講も必修に含まれています。
今回の講義のテーマはボランティア活動と手話に関するもので、内容は「今日のボランティア活動の特徴」や「社会福祉とボランティア政策」、「手話ボランティア団体から学ぶこと」や「これからのボランティア」といったもの。みずから宇部市登録手話通訳者連絡会の事務局長も務める室員から、実体験に基づく様々なボランティア活動の説明やボランティアとしての心構え、ボランティア活動を行なうに当たって大切にすべきことやボランティアのあるべき姿などの説明がありました。

手話奉仕員として活動するためには、その素養としてボランタリーな精神が求められます。決して手話技術に偏重することなく、まずは人対人の関係性を大切にし、かつ対人援助であるからには相手の気持ちや心に寄り添った援助をすることが大切になります。

こうした講義を通して、受講者がよりボランタリーな手話奉仕員になってくれて、聴覚障がい者のよき理解者として活動してくれることを期待しています。

※次回の手話奉仕員養成講座の受講者募集は、令和2年4月頃からを予定しています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ