文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 大雨被害に伴う災害ボランティア活動について

お知らせ

大雨被害に伴う災害ボランティア活動について

災害

8月27日から続いた大雨により、本会では、被害のあった小野校区において、のり面の土砂が流れ込んだ民家の土砂の撤去作業などの復旧作業を、本会に登録されているボランティアを中心に本会職員、市職員の17名で行いました。作業当日は、小雨が降る悪天候ではありましたが、ボランティアの皆様の大きな力により、復旧作業をすすめることができ、大変感謝しています。
また、活動されたボランティアより「困ったときはお互いさま」という言葉もあり、本会としても、地域において、より一層「助け合い・支え合い」の輪が広がるように、活動していかねばと心新たにしました。

宇部市において大きな災害が発生した際には本会が災害ボランティアセンターを立上げるなど、多くの関係者の皆様の協力を得ながら被災された方々の生活支援に取り組みます。

本会では、ボランティア登録を行っていますので、ぜひご登録をお願いします。

ボランティア登録はこちらをクリック

※9月2日のtysニュースタイムにおいて、活動状況が放送されました。
動画の視聴はこちらをクリック(YouTube)

IMG_1025(縮小300).png  縮小IMG_1039 (300).png

本会職員の声
今回の支援活動では、多くのボランティアの皆様に協力をいただき、改めて人が集まった時の力の大きさを感じました。また、被災された方からも「大変ありがたい」と言っていただき、少しでも力になれて良かったです。
今後発生した災害によって、災害ボランティアセンターを立ち上げることとなった際にはスムーズな運営ができるよう、今回の経験を活かしたいと思います。

うべっぽ