文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 宇部市身体障害者団体連合会主催の福祉学習会が開催されました!

お知らせ

宇部市身体障害者団体連合会主催の福祉学習会が開催されました!

お知らせ

画像

9月8日(日)、宇部市総合福祉会館において宇部市身体障害者団体連合会(溝田 成哲会長)主催の福祉学習会が開催され、コミュニケーション支援室員が手話通訳ほか開催を諸支援しました。

宇部市身体障害者団体連合会は、市内で活動する身体障がい者団体(宇部市視覚障害者福祉協会、宇部市腎友会、宇部市聴覚障害者福祉協会、山口喉友会)で組織された連合体で、障がい種別を越えた交流や団体会員相互の理解、協調を基本として、社会生活の向上と確立に努め、地域の発展と安定した福祉社会の確立を目指して活動を続けています。

この日は、宇部市健康福祉部高齢者総合支援課から保健師の 三田 環 講師をお招きし、「認知症を理解する~各症例とその対応及び予防について~(体験型)」と題して宇部市の高齢者の状況、認知症とはどんな病気?、認知症の方への接し方、認知症の予防、宇部市の取組み・相談先、の各項目について分かりやすくご説明をいただきました。

高齢化社会は障がいのある方々も同様で、宇部市内の様々な障がい者団体も高齢化が進んでおり、認知症や介護保険、地域包括ケアシステムなどに関心が集まっています。

溝田成哲会長からは、「障害者も高齢化を迎え、介護などが身近に感じるようになった。こうした学習会を通じて認知症や介護保険制度などの知識を深めていきたい」とあいさつで述べられていました。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ