文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 宇部商業高等学校の人権教育体験学習で「手話講座」の講師を担当しました!

お知らせ

宇部商業高等学校の人権教育体験学習で「手話講座」の講師を担当しました!

お知らせ

画像

11月13日(水)、山口県立宇部商業高等学校において、人権教育体験学習の手話講座が行なわれ、コミュニケーション支援室員が講師を担当しました。

この体験学習は同校が2年生を対象に、障がいを体験的に理解し、障がい者の立場になって、高校生としてできることは何かを考え、行動できる人格の形成をめざすことを目的に毎年開催されているもので、コミュニケーション支援室員も毎年、講師を担当しています。
この日は41人の生徒が「手話講座」を選択し、約2時間にわたって体験学習を行ないました。

前半は聴覚障がいや聴覚障がい者、聴覚障がい者のコミュニケーション方法に関する説明、聴覚障がい者の生活に関するDVDの視聴を行ないました。
後半は生徒全員が手を動かして、あいさつや基本的な手話単語の表現、手話による自己紹介などを行ないました。

はじめは表情が硬かった生徒たちも、自身の名前の表現学習を経て次第に緊張が解け、笑顔で友人と手話で自己紹介をし合っていました。
最後は、聴覚障がい者をテーマにした海外のCM映像を視聴して、すべての予定を終えました。

市内に暮らす聴覚障がい者には、「手話ができる市民が増えて欲しい」といった願いがありますので、こうした学習の継続的な取り組みは、きっと聴覚障がい者の方々の願いを実現させてくれるものと思います。

児童、生徒、学生のみなさんに手話が広く浸透し、聴覚障がい者が街中で若い人たちと気軽にコミュニケーションが交わせる宇部市になって欲しいと心から願っています。

お問い合わせ

コミュニケーション室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ