文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 障がい特性を知る学習会を開催しました!

障がい特性を知る学習会を開催しました!

お知らせ

画像

1月14日(火)に、コミュニケーション支援室で「障がい特性を知る学習会」を開催しました。

参加団体は、宇部市聴覚障害者福祉協会、宇部市視覚障害者福祉協会、山口喉友会、宇部手話会、NPO法人おひさま生活塾、宇部市登録手話通訳者連絡会、点訳すずかけの会、音訳さくらの会、失語症者交流グループしゃべる、在宅障害児者と家族を支援する会、盲ろう者友の会の11団体30人です。

5回目の開催となる今回は、学習会に参加されている方から当事者の話を聞きたいというリクエストが寄せられたことから、在宅障害児者と家族を支援する会の惟永ようこ氏と本会有田会長から、発達障がいの子を育てた親として、子育ての大変さや親としての心情、子や子の障がいにどのように向き合ってきたかや社会に切望することなど、本音で講話をしていただきました。

話の中には、障がいのある子を育てる中で心無い周囲からの発言に傷付いたことや、試行錯誤を繰り返しながら親の気持ちも前向きに変わっていったこと、障がいを理解してくれる人や一緒に歩んでくれる人たちに出会って心が救われたことなどの話があり、意思疎通が難しい子の子育てが、いかに大変かの一端がよく分かりました。

たとえ障がいがあってもそれを個性と考えて、お互いに気遣える社会、助け合える社会が今、求められています。未来の宇部市がそのようになって欲しいと心から願っています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ