文字サイズ小 中 大
facebook Line
トップ > お知らせ > 宇部市登録手話通訳者連絡会の研修会で講師を担当しました!

宇部市登録手話通訳者連絡会の研修会で講師を担当しました!

お知らせ

画像

7月13日(月)、宇部市総合福祉会館において宇部市登録手話通訳者連絡会(藤井 豊会長)の研修会が行なわれ、コミュニケーション支援室員が講師を担当しました。

最近は、新型コロナウイルスの感染対策として、手話通訳を行なう場合にマスクの着用が標準化しつつあります。
今回の研修は、マスクを着用したままの手話表現で、どれほどの内容が相手に伝えられるか、あるいは読み取る側はどれだけ正確に読み取れるかなどを2人一組になって体験してもらい、その後、結果を話し合ってもらいました。

手話を使ってコミュニケーションを行なう場合、手話だけではなく口話や表情も大きな役割を果たします。マスクを装着したままであると、手話通訳者も聴覚障がい者も、お互いに相手の手話が正確に読み取れないこともあります。

この体験後は、最近の手話通訳の現状や問題点などについて、具体的な事例を挙げながら室員が説明をさせていただきましたが、現在の手話通訳の現場は必ずしも一律ではありませんが、医療機関では手話通訳時に透明マスクを使うケースが増えてきています。

新型コロナウイルスは、まだまだ収束の兆しが見えませんが、一日も早くこの災禍が終わることを願いつつ、宇部市登録手話通訳者連絡会の皆様と力を合わせてよりよい手話通訳を目指していきたいと思っています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ