文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 視覚障害者対象スマートフォン操作教室を開催しました!

視覚障害者対象スマートフォン操作教室を開催しました!

お知らせ

画像

11月14日(土)本会コミュニケーション支援室において、本会主催の「視覚障害者対象iPhone操作教室」を開催しました。

この教室は、スマートフォンの画面が見られない、または見えにくい視覚障がい者であっても、iPhoneに内蔵されているスクリーンリーダー「Voice Over」機能を活用してiPhoneを使うことができるよう、その操作方法を学ぶことを目的に開催したものです。

かねてから、市内の視覚障がい者からパソコンの操作やスマートフォンの操作を学びたいといった要望が本会に寄せられていました。
本会としても、目が不自由でもパソコンやスマートフォンが使えるようになることで、障がいのある人が新たなコミュニケーションの世界を広げることができると考え、障がい者への新たなコミュニケーション支援の一環として実施しました。

講師は、障がい者を対象にパソコンやスマートフォンの操作支援をしている県内唯一のボランティア団体から講師を招き、この日はiPhoneの操作指導をしていただきました。

iPhoneの「Voice Over」機能を使うことはもちろん、指で本体や画面にタッチする基本操作も大切ということで、講師にはそれぞれの操作の仕方を受講者の個別進度に合わせて、丁寧に指導していただきました。

新型コロナウイルスの感染予防のため、午前、午後ともに受講者数を少人数に制限しましたが、受講者からは「できなかった操作ができるようになった」「分からなかったことが分かった」など、喜びの声が聞かれました。

今年度は、視覚障がい者を対象としたiPhoneやパソコンの操作教室を需要に応じて開催する予定ですが、来年度からは受講対象者を限定することなく、様々な障がいのある人が受講できるように開催を検討していきますので、関心がある方は本会ホームページの『おしらせ』(受講者募集記事)を注意しておいてください。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ