文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 文化祭で発表する劇中手話の表現指導を担当しました!

文化祭で発表する劇中手話の表現指導を担当しました!

2021/10/20

お知らせ

画像

宇部市立黒石中学校から、文化祭で発表する創作劇の中に手話を採り入れたいとの依頼があり、10月15日(金)と同19日(火)の2回にわたり、コミュニケーション支援室員が同中学校を訪問し、手話の表現指導を担当しました。

指導は台本の文章にこだわらず、意味をとらえて手話で表現をする方法で行ない、生徒さんたちと共に考えながら工夫して表現方法を決めていきました。

初日は台本内容やセリフの確認を行ない、個々の役柄の手話表現は生徒を二つのグループに分けて指導。劇中には合唱のシーンもあり、歌詞の表現はコミュニケーション支援室員が表現方法を提案させていただきました。

二日目は、前回覚えてもらった手話表現の確認とさらなる工夫を中心に指導しましたが、生徒さんたちは教わった手話表現をすでに自分のものにしていて、若い世代の吸収力のすごさに驚かされました。

今回のようなことをきっかけに、今後、若い方々がもっと手話に関心を抱いていただいて、学校や職場、地域で自然に手話のコミュニケーションが行なわれるようになることを願っています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093

うべっぽ