文字サイズ小 中 大
トップ > お知らせ > 情報端末操作支援者養成講習会が最終回を迎えました!

情報端末操作支援者養成講習会が最終回を迎えました!

2021/11/04

お知らせ

画像

10月23日(土)、情報端末操作支援者養成講習会が最終回を迎えました。当初5月から講義3回、実技3回を予定していた本講習会ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で何度も日程変更を余儀なくされました。講習会にかかわる皆様のおかげで無事に講習会を終えることができました。

午前中は講師の下関障害者パソコンサポーター(SSPS)木村恭子氏から、実技とその振り返りが行われ、午後は今後情報端末操作支援者養成講習会修了者を中心とした情報端末基本操作支援ボランティア団体立ち上げに向けての話し合いが行われました。

立ち上げとなる情報端末基本操作支援ボランティア団体は、障がい者一人ひとりに合わせ、マンツーマンでパソコンやスマートフォンの基本的な操作ができるようにサポートすることを目的とした団体となります。

IT化が進む社会にあって、障がいのある人にも情報端末の需要性は高まっていますが、同時にその基本操作に困り感のある人も増えています。宇部市にも情報端末の基本操作を支援するボランティア団体ができることで、地域に住む障がい者で情報端末の基本操作に困り感のある人がより利用しやすくなることを期待しています。

お問い合わせ

コミュニケーション支援室
TEL:0836-35-7608 FAX:0836-35-9093