文字サイズ小 中 大
トップ > 社会福祉協議会とは > 会長あいさつ

会長あいさつ


有田信二郎.JPG

新年明けましておめでとうございます。

市民の皆様におかれましては、希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げますと共に、旧年中は本会の諸事業に対しまして、深いご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。

昨年は、本市において新市長による新たなる市政が始まりました。国においても総理大臣の交代、そして、かの大国においても大統領の交代劇が進んでおり、政治的な変革が進展しています。その一方で、コロナ禍による新たな生活様式への対応が余儀なくされている状況という、期待と不安の交錯した新年の始まりとなりました。産業技術面では、デジタル化の急速な発展により生活スタイルを含めた大きな変革が起きつつあります。このような社会情勢の中、福祉の現場も大きく変化して行くだろうと思われます。本年はこれからの福祉はどのように進めて行くのか、そしてアナログとデジタルの調和をどのように図って行くのかを考えて行く年になるのではないかと思っています。

本会では一昨年に行動指針を策定し5つの方針を掲げています。つまり「あらゆる生活課題への対応」「相談・支援体制の強化」「アウトリーチの徹底」「地域の繋がりの再構築」「行政とのパートナーシップ」を基軸に、本年も安全・安心な地域社会の中で『誰もが自分らしく暮らせる』をキャッチフレーズに頑張って参りたいと思っています。

本年の干支は辛丑(かのとうし)。コツコツと地道に努力を重ねて成功を目指す年という意味があるそうです。時代や環境の急速な変化の中ではありますが、本年も役職員一同引き続き皆様の信頼や期待にお応えするため、更なる努力を続けて参りますので、一層のご支援・ご協力を心からお願い申し上げますと共に、皆様方にとりまして、この一年が幸多き年になりますように心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 
令和3年1月4日

社会福祉法人 宇部市社会福祉協議会
会長 有田 信二郎

☆「会長あいさつ」過去の記事はこちら

新年挨拶(R2.1.1)

再任挨拶(R1.6.24)

新年度挨拶(31.4.1)

新年挨拶(30.1.4)

就任挨拶(29.6.19)