文字サイズ小 中 大
トップ > 暮らしの相談・支援 > 生活福祉資金等の貸付

生活福祉資金等の貸付

うべっぽイラスト

生活福祉資金等の貸付については、まず『生活相談サポートセンターうべ』の相談窓口にご相談していただいたうえ、貸付を申し込んでいただくことになります。
なお、現在、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等で、生活資金でお悩みの方々に、下記のとおり緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。特例貸付については、直接本会までご相談ください。

※生活相談サポートセンターうべ(生活困窮者の自立相談支援窓口です。)
 山口県宇部市琴芝町二丁目4番25号 宇部市多世代ふれあいセンター 5階
 相談者専用TEL:0800-200-7440(無料)
 関係機関用TEL:0836-43-7440
 FAX:0836-43-7441

生活福祉資金

1 総合支援資金
 
失業者等、日常生活全般に困難を抱えており、生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯に貸付ける資金   

2 福祉資金
 
低所得者世帯、障害者世帯又は高齢者世帯に対して、日常生活を送るうえで、又は自立生活に資するために一時的に必要であると見込まれ、必要な経費として貸付ける資金

3 教育支援資金
 
低所得世帯に属する者が、高等学校、大学、専門学校等に就学あるいは入学に際して、必要な経費として貸付ける資金

4 不動産担保型生活資金
 
一定の居住用不動産を所有し、将来にわたりその住居に住み続けることを希望する高齢者世帯もしくは要保護の高齢者世帯に対して、当該不動産を担保として生活費を貸付ける資金

 詳しくはこちらをご覧ください。

PDF

PDF 生活福祉資金貸付制度のご案内(2.1 MB)

特例貸付(緊急小口資金・総合支援資金)

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等で収入が減少した世帯に対し、貸付を行います。(令和3年11月末まで)
詳細については、山口県社会福祉協議会(外部リンク)をご覧ください。

法外援護資金

法的援護を受けることが困難で、しかも緊急に援護を必要とする低所得世帯に対し、一時的なつなぎ資金として生活の安定を図ることを目的とする資金です。

対象となる世帯:低所得世帯

◆各種資金貸付については貸付条件、審査等があります◆

お問い合わせ

生活支援課 生活支援係
TEL:0836-33-3150 FAX:0836-22-4391