文字サイズ小 中 大
トップ > 職員のつぶやき

職員のつぶやき

月別アーカイブ

職員のつぶやき

職員の小さな気づきや活動状況などを綴ったブログです。

うべっぽイラスト

ご近所ふれあいサロンに参加して

  • 2020年02月03日
  • 地域福祉課

日々、高齢者の居場所づくりのことを考えている我が事・丸ごと応援隊員のM・Fです。
1月28日(火)、則貞自治会館で毎月開催されているご近所ふれあいサロン「則貞ゆうゆう会」を訪問しました。
則貞ゆうゆう会は、地元の民生委員さんと宇部リハビリテーション病院さんを中心に運営されており、平成17年から活動されています。医療関係者が運営に携わる数少ないサロンで歴史もあります。
当日は恩田・常盤の地域住民の皆さんや、地域包括支援センター職員等の約30名の参加があり、血圧チェックや健康等の情報提供があった後に、市の出前講座「終活について」が行われ、非常に和やかな雰囲気でした。

このように、近所に定期的に皆さんが集える居場所(ご近所ふれあいサロン)があることは、地域にとって大変良いことだと改めて感じ、今後もこのような地域での支え合いの取り組みを応援していきたいなと思いました。

IMG_9250.jpg

投稿者 地域福祉課 我が事・丸ごと応援隊 M・F隊員

防災とボランティア週間

  • 2020年01月20日
  • 地域福祉課

今週1月15日~21日は阪神・淡路大震災を契機に災害への備えの充実強化を目的とした「防災とボランティア週間」です。

皆さんは災害への支援にはどんなものがあるかご存じですか。

災害への支援では、3つの助(自助、共助、公助)があるといわれています。
自助とは、「家庭で日頃から災害に備えたりする等自分で守ること」、共助は「周りの人たちと助け合うこと」、公助は「市役所や消防・警察による救助活動等公的支援のこと」をいいます。
3つの助がお互いに連携することで、被害を最小限にできたり、早期の復旧・復興につながるといわれています。

ただ、公的には限界があり、自助・共助の重要性が、防災白書でも指摘されています。

私自身、災害への備えとして、普段から非常食の常備やご近所さんとの挨拶、地域の会合への参加を心がけています。
災害への備えとして、ご近所さんや地域のことについて、少し振り返ってみてはいかがでしょうか。

投稿者 地域福祉課 我が事・丸ごと応援隊 M・F隊員

職員研修に参加して

  • 2020年01月10日
  • 地域福祉課

新年明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

さて、新年早々、業務2日目の1月7日(火)に職員研修会が開催され、私も参加しました。
研修会は本会の有田会長が講師となり、障害者への配慮や共生社会に関する内容で、1時間の研修会でしたが実際の事例も交えた内容でわかりやすく、障害の特性や配慮等を改めて学ぶことができました。

新年早々この研修会を受講して、誰もが自分らしく暮らせる宇部市になるように、本年も笑顔で楽しく仕事に取り組んでいきたいと決意した業務のスタートとなりました。

投稿者 地域福祉課 我が事・丸ごと応援隊 M・F隊員

常盤校区に新しいサロンができました!

  • 2019年12月27日
  • 地域福祉課

「とき和サロン~スワン~」は、リハビリデイサービス nagomi宇部店の一室をお借りして、小さいお子さんからご高齢の方まで、気軽に集まれる居場所をつくりたいという民生委員さんの思いから、始まりました。

思い起こせば、サロンについて話し合いを始めたのは新緑の季節、5月でした。

それから地域の皆さんと何度も何度も話し合いを重ね、12月22日に無事にスタートしました。時間をかけた分、皆さんとたくさんの喜びを共有できました。

とき和サロン~スワン~.jpgとき和サロン~スワン~ (2).jpg

参加者の最高齢の方は90歳の女性で、雨のなか歩いて参加されました。
「カレンダーに記しをつけて、楽しみにしてたのよ。」
と言われた時は、本当にスタートできて良かったと思いました。

サロンにはいつも笑顔があふれています。
サロンに行ってみたいな、サロンのお手伝いがしてみたいけど...
そんな気持ちになられたら、ぜひ地域福祉課までご相談ください。

笑顔いっぱいでお待ちしております。

投稿者 地域福祉課 我が事・丸ごと応援隊 S隊員

西ヶ丘「認知症SOS模擬訓練」に参加して

  • 2019年12月23日
  • 地域福祉課

12月14日(土)に、西宇部校区の西ヶ丘自治会において「認知症SOS模擬訓練」が開催されましたので運営スタッフとして参加しました。

この訓練は、認知症の方への理解を深めることが大きな目的です。

西ヶ丘自治会は、地域での支え合いの意識が強く、いつも驚かされます。

このように地域ぐるみで取り組まれたことで、益々地域の支え合いの力(互助)や参加者自身の認知症への認識(自助)が高まった様子を現場で感じ、あらためて地域づくりの運営スタッフとして参加できたことに達成感を感じたところです。このような取り組みを今後も応援し、積極的に地域づくりのスタッフとして参加していきたいと思います。

投稿者 地域福祉課 我が事・丸ごと応援隊 F隊員

P1020318.jpg

模擬訓練実施後の意見交換会では、活発な意見交換が行われました。

「職員のつぶやき」「ホームページ」について

  • 2019年12月03日
  • 総務課
うべっぽ

このたび、「職員のつぶやき」のページを開設しました!
本会のホームページが、たくさんの方に見ていただき、様々な福祉情報を発信し、市民のみなさんに「宇部市社会福祉協議会」をより身近に、親しみを感じていただけるようにパワーアップしていきたいと思っています。

現在の本会のホームページは、平成29年1月に全面改訂しました。
そのときのコンセプトは、①知りたい情報を見つけれらるように「一般の方向け」「福祉関係者向け」と検索メニューを設けたこと。②見やすいように、文字の大きさを選択できるようにしたこと。③視覚障害者用向けに音声読み上げ機能をつけたこと。④スマートフォンにも対応した仕様にしたこと。などです。
改訂後も「会長の部屋」の開設、「特別会員紹介」「地域情報」の掲載など、日々、バージョンアップを心がけています。

しかし、まだまだ、市民の方から「社協ってなに?」「どこにあるの?」「なにしてるところなの?」とご意見をいただきます。そういったみなさんの貴重な「声」を励みに、これからもっと、たくさんの方に本会のことを知っていただけるよう、職員一同、そして本会キャラクター「うべっぽくん」も一緒になって「ONE TEAM」で情報発信をしていきます!

投稿者 総務課 Blue

もっと見る